Site search

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

Site search

Categories

2017年5月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Tags

ブログロール

言向け和すは愛敵精神 そこから何が生まれる?

中国で反日デモが激化しています。暴動です。
私は「反日」だとか「暴動」ということ自体を問題視するのではなく、自分の感情を「反抗」や「暴動」という形でしか表現できないところに問題点を見出します。
自分の気に入らないことがあったら逆らえばいい、暴れればいい、と思っているわけです。
まるで小さな子どもですね (^_^;
しかしそれが現在の人類の現実です。

彼らだって世の中を良くしたいと思っているのですよ。尖閣諸島は日本のものではなく中国のものだ、という痛烈な叫びです。
「これはボクのものだよ、お兄ちゃん返してよ!」と泣き叫んで暴れているわけです。
そういう子どもをどうやってなだめればいいでしょうか?

仮に尖閣諸島を中国にお譲りしてあげたからって、問題は解決しません。彼らは相変わらず、自分の感情を暴力的な形でしか表現できないままです。進歩が何もありません。
そういう姿勢はいろいろな局面で出てくるでしょう。家庭でも、職場でも。
気に入らないことがあったら暴れればいい、という価値観が正当化されている社会は、争いがなくなりません。戦争をなくすには、そういう価値観を消滅させてゆかなくてはいけないと思います。

そのためには、暴力的な方法以外で、目的を達成する方法を提示してあげる必要があると思います。
その方法の一つが、国際司法裁判所ですが、裁判では、勝った方は嬉しいでしょうけど、負けた方は、自分が間違っていたと思うはずはなく、勝った相手をいつまでも恨み続けることになるでしょう。
親が「これはお兄ちゃんのものでしょ! 人のものとっちゃダメ!」と叱ったって、弟は納得しませんよ(^_^;
もっと違う方法が欲しいです。

それが「言向け和す」です。

これは方法というよりは、姿勢とか精神と言った方がいいかも知れません。
敵を憎むという姿勢なのか、敵を愛するという姿勢なのか。
憎敵精神からは、反抗や暴動、戦争という態度が生まれてきます。
では愛敵精神からは何が生まれる??

それを考えてゆきたいのです!
生み出してゆきたいのです!
皆さん、教えてください!
よろしくお願いします!

↓おたよりはこちらにお願いします!
oni_do@ybb.ne.jp (飯塚弘明)